catch-img

未経験者でも成功する不動産仲介業の開業!失敗例から学ぶ重要な戦略

不動産仲介業の開業は、業界の知識や経験が少ない未経験者にとっては容易ではありませんが、成功につなげるためのポイントを知っておけば実現可能です。

この記事では、未経験者でも成功するための不動産仲介業の開業のポイントや失敗例について詳しく解説します。


目次[非表示]

  1. 1.未経験でも不動産仲介業を開業できる
  2. 2.不動産仲介業の未経験者が知るべき開業の基本
    1. 2.1.不動産仲介業の開業に必要な手続きと準備
    2. 2.2.開業コストの相場
  3. 3.不動産仲介業の未経験者が開業で失敗する理由
  4. 4.不動産仲介業の未経験をカバーする方法
  5. 5.未経験者が不動産仲介業の開業を成功させるポイント
    1. 5.1.競合優位性を築く戦略の策定
    2. 5.2.業界のつながりと信頼性の構築
    3. 5.3.不動産仲介業に特化したITリソースの活用
    4. 5.4.取引情報の蓄積と分析
  6. 6.まとめ


未経験でも不動産仲介業を開業できる

不動産仲介業の開業は、未経験の場合でも可能ですが容易ではありません。

なぜなら、一定の資金準備や宅地建物取引業免許の取得はもちろん、運営には不動産に係る勉強や業界での人脈作りが必要不可欠だからです。

ただし、前職で営業職を担当していたような人は、持前の営業スキルと人脈が役に立つ場合もあります。

不動産仲介業の開業をするにあたって、資金面や必要な手続き、運営の体制など、さまざまな観点で注意しておくことが重要です。



不動産仲介業の未経験者が知るべき開業の基本

不動産仲介業の開業には、さまざまな手続きや資金の準備が必要になります。

ここでは、不動産仲介業の未経験者が知るべき開業の基本について詳しく解説します。


不動産仲介業の開業に必要な手続きと準備

不動産仲介業の開業には、免許の取得や法人の設立、事務所の設置などの手続きや準備が必要です。

不動産仲介業の開業に必要な手続きと準備は以下の通りです。


開業に必要な手続き・準備
概要
専任宅地建物取引士の設置
専任の宅地建物取引士は、事務所に常勤してもらい、宅建業の業務に従事してもらう必要があります。
法人の設立か個人事業主の届け出
事業の規模に応じて、法人もしくは個人事業主の登録が必要です。
事務所の設置
事務所は宅地建物取引業法に基づいて、本店や支店などの継続的に業務を行える施設である必要があります。
宅地建物取引業免許の申請
宅地建物取引業免許の取得が必要となります。
本店のみの場合は都道府県知事の許可、複数都道府県で2店舗以上出す場合は国土交通大臣の許可が必要です。


不動産仲介業の経営体制によって必要な準備は変わってくるため、事前に確認しておくことが望まれます。


開業コストの相場

不動産仲介業の開業には、業界団体に加入している場合は約400万~1,000万円の費用がかかるとされています。

業界団体に加入しない場合は、供託所への営業保証金の支払いが発生するため、開業コストとして1000万〜1,800万円かかるケースもあります。


▼開業時の初期費用の例

  • 会社設立費用
  • 事務所・設備費用
  • 宅地建物取引免許取得費用
  • 業界団体への入会費など


事務所の賃料や水道光熱費などの開業後の運営費用もかかるため、余裕を持った資金準備が必要です。

  不動産仲介業の開業にかかる資金はどのくらい?主な費用と不足したときの解決策 不動産仲介業の開業には、会社設立や事務所の設置などに伴い、まとまった資金が必要です。これから不動産仲介業を始めるにあたって、開業資金が不足していないか不安に思われる方も多いのではないでしょうか。この記事では、不動産仲介業の開業にかかる資金について詳しく解説します。 株式会社Facilo



不動産仲介業の未経験者が開業で失敗する理由

未経験かつ一人で運営している場合、対応の拙さや知識の少なさが原因で顧客に不動産の経験が不十分であることが伝わってしまうと顧客が離れてしまう可能性があります。

さらに、一人では業務範囲が限られるため、集客や提案などの注力すべき業務が疎かになってしまう場合があります。

不動産取引は、顧客にとって大きな金額が動く重大なイベントであるため、担当者の提案内容や対応の仕方に対してシビアです。

顧客が競合他社に流れてしまうのを防ぐためにも、顧客への対応や提案活動は入念に行う必要があります。

また、不動産仲介業を開業した直後は知名度が少ないため、集客に苦戦するケースがよく見られます。

自社の知名度を上げるために、独自性のあるサービスの提供や豊富な物件の品揃えを備え、拠点をおく地域に合わせた集客施策の実施が必要です。



不動産仲介業の未経験をカバーする方法

不動産の知識や経験が不足している段階では、相談相手や頼れる専門家などを用意しておくのが有効です。

一人で判断し続けていく場合、間違った方向性で運営してしまう可能性があります。

また、知識に限らず実務的な理解も必要不可欠であるため、勉強や準備期間の間に不動産会社で実務経験を得ておくと安心です。

手続きの流れや顧客の行動を実際に見て学ぶことで、業務上のパフォーマンスの向上につながり、顧客に満足してもらいやすい運営が可能となります。



未経験者が不動産仲介業の開業を成功させるポイント

不動産仲介業の開業において重要な要素は、戦略の策定、信頼関係の構築、情報分析、利用のしやすさです。

ここでは、未経験者が不動産仲介業の開業を成功させるポイントについて詳しく解説します。


競合優位性を築く戦略の策定

不動産仲介業の成功には、運営エリアの選択と独自性に基づいた戦略が必要です。

たとえば、学生の一人暮らし向けのお手頃な物件を取り揃えていたり、ペット可な物件の品揃えが豊富だったりなど、独自性は地域によっても異なります。

また、近年ではインターネット上で物件を探すことも多いため、オンラインでの取引のニーズも高まっています。

ターゲットの属性に合わせた物件の品揃えや、インターネット上で完結する取引など、顧客が利用したくなる特徴を持つことが重要です。


業界のつながりと信頼性の構築

不動仲介業の運営には、人脈と信頼関係の構築が必要不可欠です。

業界の同業者や関係者、地域の人とのつながりを持つことで、市場の動向やニーズを知り、信頼の獲得を目指します。

また、顧客との取引において、信頼関係の構築は最も重要です。

顧客は、担当者に専門知識の高さや信頼性を求めているため、誠意を持って対応し、顧客のニーズに応える必要があります。


不動産仲介業に特化したITリソースの活用

上記でも記載している通り、近年ではオンラインでの物件選びや取引が一般的になっています。

顧客にとって物件の検索がしやすく、担当者とのコミュニケーションが容易に行えるなどのツールを活用すれば、業務の効率化ができるだけでなく、顧客満足度の向上にもつながります。


取引情報の蓄積と分析

取引における成功や失敗に関わらず、過去の案件を分析することで、不動産仲介業におけるサービスの最適化を進められます。

実例を元にさまざまな顧客のニーズを把握し、提案内容の精度の向上や利用しやすいサービスの提供につなげることで、ノウハウが蓄積されていきます。



まとめ

この記事では、未経験者目線の不動産仲介業の開業について以下の内容で解説しました。


  • 不動産仲介業の開業で未経験者が失敗するケース
  • 不動産仲介業の未経験をカバーする方法
  • 不動産仲介業を成功に導くポイント


不動産仲介業における、未経験者の知識の少なさや対応の拙さが顧客に伝わってしまった場合、顧客が離れてしまいます。

このようなケースを防ぐためには、頼れる相談相手や専門家との人脈を構築しておき、自らも実務経験をしておくことが望ましいです。

不動産仲介業を成功に導くには、戦略に基づいた経営、業界や地域との信頼関係の構築、蓄積した情報の分析、ITリソースの活用が重要です。

Facilo』は、一元化された独自のマイページ機能で、情報がわかりやすく整理された顧客コミュニケーションを実現します。

提案された物件の確認が容易に行え、新たな物件の予約もスムーズに行えるため、顧客満足度の向上につながります。

Facilo』の効率的な追客機能やターゲットの行動に合わせたフォローを実現する機能について、詳しく解説している資料を無料公開していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

  お問い合わせ|Facilo(ファシロ)不動産仲介業務のためのコミュニケーションクラウド Faciloに関するお問い合わせや、料金プランのご相談などは当ページより承ります。不動産の仲介業務でお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。 株式会社Facilo
  資料ダウンロード一覧|Facilo(ファシロ)不動産仲介業務のためのコミュニケーションクラウド Faciloに関する資料を一覧でご確認いただけます。Facilo(ファシロ)は、不動産仲介の煩雑なコミュニケーションを一元化・可視化できるクラウドツールです。仲介業務の事務作業や物件検索、顧客とのコミュニケーションを、ブラウザ上で集約でき、 営業担当者様の業務効率化と顧客体験の向上で、貴社の売上の成長を実現します。 株式会社Facilo


CONTACT

Faciloを導入して貴社の仲介ビジネスを
次のステージに進めてみませんか?

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください

お役立ち資料は
こちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

平日10:00~17:00

無料相談

人気記事ランキング

タグ一覧

ページトップへ戻る