catch-img

不動産仲介業の開業で必要な資格とは?業界の優位性を築くための秘訣

不動産仲介業を開業するにあたって、経営者が宅地建物取引士(宅建士)の資格を取得すべきか気になる方も多いのではないでしょうか。

不動産業界では、宅建士をはじめとする多岐にわたる資格が存在し、有資格者の存在が顧客の信用獲得につながるケースもあります。

この記事では、不動産仲介業の開業で必要な資格や、業界の優位性を築くための秘訣を紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.不動産仲介業の開業に必要な資格とは
  2. 2.不動産開業で有利になる三冠資格(トリプルクラウン)
    1. 2.1.①宅地建物取引士(宅建士)
    2. 2.2.②管理業務主任者
    3. 2.3.③マンション管理士
  3. 3.不動産仲介業界で優位性を築けるその他の資格
    1. 3.1.①不動産鑑定士
    2. 3.2.②土地家屋調査士
    3. 3.3.③賃貸不動産経営管理士
    4. 3.4.④住宅ローンアドバイザー
    5. 3.5.⑤不動産コンサルティングマスター
    6. 3.6.⑥ファイナンシャルプランナー
  4. 4.まとめ


不動産仲介業の開業に必要な資格とは

不動産仲介業を開業する際、経営者自身が国家資格の宅地建物取引士(宅建士)を取得する必要はありません。

ただし、宅地建物取引業法により、専任の宅建士を事務所に置く必要があります。

さらに、会社自体にも国土交通大臣または都道府県知事が発行する免許が必要です。

不動産仲介業の開業では、業界で有利に働く「不動産三冠資格」を取得するメリットがあります。

不動産三冠資格以外にも、顧客や企業、取引先へのアピールになる資格が複数あります。



不動産開業で有利になる三冠資格(トリプルクラウン)

ここからは、不動産開業で有利になる宅地建物取引士(宅建士)、管理業務主任者、マンション管理士という三冠資格を詳しく紹介します。


①宅地建物取引士(宅建士)

宅建士は、不動産仲介業における基本的かつ最も重要な国家資格であり、不動産仲介業の運営に必須とされます。

主な役割は、不動産の売買や賃貸における契約の締結をスムーズに進行させることです。

たとえば、顧客に対する適切な情報提供、正確な契約書の作成、トラブル時の対応策の提案などが含まれます。

宅建業法では、宅建業に従事する事務所は、従業員5名ごとに少なくとも1名の専任宅建士を配置しなければなりません。

専任宅建士の配置は、不動産取引の各段階で専門的な知識と適切な法的対応を保証し、消費者保護にも寄与します。

また、専任宅建士の存在は、事務所が提供するサービスの質を向上させ、顧客からの信頼を得るうえで非常に重要です。


②管理業務主任者

管理業務主任者は、マンションやビルなどの集合住宅に関して、適切な管理を行うために必要な国家資格です。

主な役割には、管理委託契約の重要事項の説明や定期的な管理事務報告の実施、そして交付書面への記名押印などが含まれます。

これらの業務は、マンション管理業者が区分所有者や利害関係者との間で、透明性と信頼を確保するために重要なものです。

また、双方のコミュニケーションを円滑にするとともに、管理組合が直面する法的な問題や実務上の問題に対して専門的なアドバイスを提供します。

管理業務主任者は、管理計画の策定や緊急時の対応計画の作成にも関与し、建物の長期的な価値を保持しながら、住環境の質を高める役割も担っています。


③マンション管理士

マンション管理士は、マンション管理組合の運営をサポートするための国家資格であり、

主な役割は、マンションの共有部分の適切な維持管理、改修計画の策定、管理組合の運営に関する法的および実務的なアドバイスなどです。

日常の保守点検から大規模改修工事の計画立案に至るまで、広範囲な業務を含んでいます。

また、管理組合と住民との間で発生するさまざまな問題の調整役となり、苦情の処理や改修工事に関する住民説明会の開催を行うこともあります。

管理組合に対して、法令に即した活動の確認や、法的規制の変更に対するアップデートの提供を行うのもマンション管理士の役割です。



不動産仲介業界で優位性を築けるその他の資格

ここからは、不動産三冠資格(トリプルクラウン)以外で優位性を築ける資格を紹介します。


①不動産鑑定士

不動産鑑定士は、不動産の価値を正確に評価するために必要な専門知識と技術を有する専門家です。

主な役割は、物件の価値を客観的に評価し、その結果を鑑定評価書として文書化することです。

また、裁判所での証人として専門的見解の提供を求められることもあります。

不動産鑑定士の存在は、不動産仲介業の信頼性を高め、顧客からの信用獲得に貢献します。


②土地家屋調査士

土地家屋調査士は、土地や建物の境界を正確に測量し、登記を行うための国家資格を持つ専門家です。

主な役割には、土地の境界確定や登記申請、地図の作成などがあります。

これらの業務は、不動産取引における境界線の正確な設定と記録に不可欠であり、将来的な土地利用や開発計画の基礎となります。

土地家屋調査士の存在は、隣接地との紛争や不明瞭な権利関係のトラブルを回避につながるため、顧客からの信頼を得るうえで非常に効果的な資格です。


③賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士は、専門知識を持って賃貸物件の効果的な管理や運営を支援するための資格です。

主な役割は、賃貸契約のアドバイスや物件の日常管理、トラブル発生時の対応などです。

賃貸契約においては、適正な契約内容の確認や更新の手続き、さらには紛争時の仲介といった専門的なサポートを提供します。

また、物件の維持管理に関しては、修繕計画の立案や実施、安全性の確保、コスト管理などを行い、物件価値の維持及び向上に努めます。

賃貸不動産経営管理士が提供するさまざまな専門的サービスは、賃貸市場における差別化に有効です。

適切な物件管理と高品質なテナントサービスの提供で、入居率の向上や運営コストの削減が可能となり、物件の収益向上にも大きく寄与します。


④住宅ローンアドバイザー

住宅ローンアドバイザーは、住宅ローンに関する深い知識を持ち、顧客が直面する金融的な課題解決を支援するための資格です。

主な役割として、顧客の財務状況に基づいた適切なローンプランの提案、金融機関との交渉、住宅ローンの申請プロセスのガイドなどがあげられます。

顧客に対する付加価値の提供は、住宅ローンに関する不安や疑問の解消を促し、結果的に顧客満足度の向上につながります。


⑤不動産コンサルティングマスター

不動産コンサルティングマスターは、不動産業界における高度な専門知識を有するプロフェッショナルです。

主な役割は、不動産の投資計画や市場分析の支援、マーケティング戦略のアドバイス提供などです。

不動産市場の変動を正確に把握し、それに基づいた適切な投資戦略を提案します。

顧客の資産価値の最大化を支援するとともに、リスクを管理しながら収益性の高い投資機会を特定できるのが不動産コンサルティングマスターの強みです。

不動産コンサルティングマスターの存在は、不動産投資の専門家としての認識が高まるだけではなく、高価値なサービスの提供で収益向上につながります。


⑥ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、金融全般に関する豊富な知識をもって、個人の財務計画の策定やアドバイスを行う専門家です。

主な役割として、資産管理や保険の選定、税金計画の立案、投資計画の支援などがあげられます。

不動産を購入する際の資金計画や税金対策など、より複雑な財務の側面に対して、的確なアドバイスを提供し、顧客との信頼関係を構築します。

ファイナンシャルプランナーは不動産取引に限らず、顧客の全般的な財務状況を理解および管理するため、生涯にわたる金融のパートナーとなる存在です。



まとめ

この記事では、不動産仲介業の開業で必要な資格について以下の内容で詳しく解説しました。


  • 不動産仲介業の開業に必要な資格
  • 不動産開業で有利になる三冠資格(トリプルクラウン)
  • 不動産仲介業界で優位性を築けるその他の資格


不動産仲介業の開業には、宅地建物取引士(宅建士)が不可欠ですが、事務所に専任宅建士がいれば、経営者自身の資格取得は不要です。

不動産業界では、宅建士、管理業務主任者、マンション管理士という3つの資格が開業の成功を支援する代表的な資格とされます。

近年における不動産仲介業の開業では、デジタルツールを活用した業務効率化やリアルタイムでの顧客行動の把握が売上アップの鍵となります。

煩雑な物件情報を一元化し、顧客とのコミュニケーションを円滑にしたい方は、大変便利なクラウドツール『Facilo』にお任せください。

Facilo』は、物件検索・帯替え・図面編集・メール作成などの作業時間を大幅に短縮するだけではなく、顧客専用のマイページ機能で顧客行動に基づいた物件情報の提供を実現します。

不動産コミュニケーションクラウド『Facilo』の魅力的なサービスをシンプルにまとめた資料を公開していますので、ぜひこの機会に無料でダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

また、不動産仲介業の業務効率化や顧客体験向上でお悩みの方は、お気軽に何でもご相談ください。

  お問い合わせ|Facilo(ファシロ)不動産仲介業務のためのコミュニケーションクラウド Faciloに関するお問い合わせや、料金プランのご相談などは当ページより承ります。不動産の仲介業務でお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。 株式会社Facilo
  資料ダウンロード一覧|Facilo(ファシロ)不動産仲介業務のためのコミュニケーションクラウド Faciloに関する資料を一覧でご確認いただけます。Facilo(ファシロ)は、不動産仲介の煩雑なコミュニケーションを一元化・可視化できるクラウドツールです。仲介業務の事務作業や物件検索、顧客とのコミュニケーションを、ブラウザ上で集約でき、 営業担当者様の業務効率化と顧客体験の向上で、貴社の売上の成長を実現します。 株式会社Facilo
  無料相談|Facilo(ファシロ)不動産仲介業務のためのコミュニケーションクラウド Faciloに関するお問い合わせや、料金プランのご相談などは当ページより承ります。不動産の仲介業務でお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。 株式会社Facilo


CONTACT

Faciloを導入して貴社の仲介ビジネスを
次のステージに進めてみませんか?

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください

お役立ち資料は
こちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

平日10:00~17:00

無料相談

人気記事ランキング

タグ一覧

ページトップへ戻る