catch-img

不動産開業で失敗しないための完全ガイド!仲介業者の資金管理や集客の悩みを解決

不動産開業には、資金面や売上面、集客面など、多岐にわたる失敗のリスクが伴います。

実際にあった不動産開業の失敗例を事前に把握して、適切な準備を行うことで売上の成長を促進できます。

この記事では、不動産開業で失敗しないための完全ガイドを詳しく紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.不動産開業で失敗しないためには
  2. 2.不動産開業でよくある失敗例
    1. 2.1.運営資金が不十分であった
    2. 2.2.集客施策が上手くいかなかった
    3. 2.3.人脈づくりが不得意であった
  3. 3.失敗しない不動産開業に向けた準備
    1. 3.1.①徹底した市場・競合調査
    2. 3.2.②他社と差別化するためのブランディング
    3. 3.3.③日本政策金融公庫などからの資金調達
    4. 3.4.④資金繰り表での収入・収支管理
    5. 3.5.⑤多様なチャネルを活用した集客施策
  4. 4.不動産開業後の売上成長をサポートする『Facilo』
  5. 5.まとめ


不動産開業で失敗しないためには

不動産開業後の経営は、不動産営業の能力だけで成功するとは限りません。

資金(資本)管理や、市場分析、マーケティング、集客、経営などに関する知識が欠けていると利益が出ないため、失敗につながる可能性があります。

これらの経営ノウハウがない場合、専門家の協力を得ながら開業の準備を進めるのが望ましいです。

不動産コンサルタントやマーケティングの専門家、または法務専門家などの専門家と協力により、失敗のリスクを最小限に抑えられます。



不動産開業でよくある失敗例

ここでは、不動産開業でよくある失敗例を紹介します。


運営資金が不十分であった

不動産開業の計画段階で開業資金の目処を立てていても、予想外の運営資金がかかってしまったというケースがみられます。

不動産の開業資金は、最低でも400万円程度が必要です。全日不動産協会に入会していない場合は、営業保証金の支払いで約1,000万円以上の費用が発生します。

さらに、賃貸料やその他の経費が継続にかかるため、支出の管理の徹底が重要です。


集客施策が上手くいかなかった

不動産業に新規参入したばかりの時期は、信用や知名度が低いため、集客が難しいです。

たとえば、事業に強みはあっても十分な広告費用をかけられず、その魅力をアピールしきれなかったケースや、効果的な追客プロセスが確立されていなかったケースがあります。

また、リソース不足で物件提案がしっかりできておらず、客付け営業が上手くいかない場合も見受けられます。

知名度の向上は、顧客との接点づくりにおいて重要な要素なため、競合との優位性や独自の魅力をアピールしていくことが望ましいです。


人脈づくりが不得意であった

不動産業では、経営ノウハウや集客方法を確立させるために、豊富な人脈の構築が欠かせません。

たとえば、施工会社やオーナー、同業者などとの人脈づくりが上手くできなければ、ニーズやトレンドを捉えたサービスの提供ができない可能性があります。

人脈づくりにもある程度の費用をかけ、その後の利益に対する投資として考えることも必要です。



失敗しない不動産開業に向けた準備

ここでは、失敗しない不動産開業に向けた準備を詳しく説明します。


①徹底した市場・競合調査

不動産取引を促進させるためには、市場におけるニーズや競合他社の調査、調査結果の分析に注力することが重要です。

調査や分析に基づいた戦略を策定できれば、売上向上に期待できます。


▼競合調査における重点項目

  • サービスの強みと弱み
  • サービスの独自性
  • ターゲット層
  • 集客施策
  • 価格帯
  • 対象エリア
  • アフターサービス、サポート内容


競合調査によって業界や市場の動向、有効的な運営方法などを把握できます。

これにより強力な戦略を練ることができ、競合他社よりも優位な不動産運営が実現します。


②他社と差別化するためのブランディング

市場や競合調査に基づいて、他社と差別化を図るためのブランディングを行います。


▼具体的なブランディング施策

  •  ブランドアイデンティティの構築
  •  ブランドイメージを訴求するオウンドメディアづくり
  •  ターゲット層とマッチしたSNSでのブランディング
  •  業界の関係者との積極的なネットワーキング、地元の関連業種とのパートナーシップなど


顧客からの信頼感を高めるためには、自社の適切なブランディングでイメージ戦略を行うことが有効です。


③日本政策金融公庫などからの資金調達

実績がない事業者の場合、国が出資元の日本政策金融公庫からの融資を検討するという選択肢もあります。

日本政策金融公庫は、申し込みから実行までのスピードが早い特徴があり、相談にも対応しているため、検討する事業者も多いです。

また、その他の資金調達の方法としては、保証協会付融資や納税資金、賞与資金の融資などがあります。

不動産経営では、初期費用だけではなく運営費用も継続的にかかるため、少なくとも3ヶ月分の運営資金を確保しておく必要があります。


④資金繰り表での収入・収支管理

資金繰り表は、一定期間の現金収支を把握するための管理表のことです。

資金計画や実績の可視化によって、資金ショートの防止や迅速な経営判断につながります。

根拠のある数字的なデータを得られるため、資金調達のための融資がスムーズに受けられます。


⑤多様なチャネルを活用した集客施策

不動産開業後の集客力を高める方法として、多様なチャネルを活用した集客施策があります。


集客方法
施策の活用ポイント
Webサイト制作
自社の情報をオンライン上で広く発信ができる手法である。
SEO対策やコンテンツマーケティングを行い、より多くの顧客の目に触れるようにする。
広告運用
リスティング広告やデジタル広告などがあり、不動産に関心がある顧客に認知してもらえる。
ターゲットの行動やニーズを明確化しておき、質の高い顧客獲得につなげる。
主要なSNSの運用
Instagram、X(旧Twitter)、Facebookなどがあり、拡散機能を利用して認知獲得につなげられる。
SNSごとに利用する世代の傾向が異なるため、ターゲットに合ったプラットフォームを選択する。
メルマガ配信
顧客にとって有益な不動産の情報を定期的に提供でき、関心を高められる。
顧客のニーズや行動を段階ごとに分け、適切なタイミングや頻度で配信するようにする。
ポスティング
顧客の目に写る可能性が高い手法である。
印刷費用は安く抑えて数多く配布するのが望ましい。


あらかじめ設定したターゲットに合った集客の施策を行うことが重要です。



不動産開業後の売上成長をサポートする『Facilo』

Facilo』は、不動産開業における高い競争の中で成功を収めるための、業務効率化と卓越した顧客体験の提供を実現します。

煩雑な事務作業や顧客とのコミュニケーションをブラウザ上で一元化・可視化し、業務効率を大幅に向上できます。

顧客自らが手軽にアクセスし、物件を比較・検討できる環境によって顧客満足度を向上ができるため、他社との差別化を図ることが可能です。

また、少ないリソースでも質が高く効率的な物件提案を実現するため、客付け営業の成果向上につながります。

さらに、集中的なデータ分析で市場の動向や顧客行動パターンを理解し、事業戦略をアップデートし続けられ、売上の成長に貢献できます。



まとめ

この記事では、不動産開業を失敗しないための完全ガイドとして、以下の内容で解説しました。


  • 不動産開業で失敗するリスクの可能性
  • 不動産開業でよくある失敗例
  • 失敗しないための不動産開業に向けた準備


不動産開業後の経営は、不動産営業の能力だけでなく、資金や集客、経営などの知識を備えていなければ失敗する可能性があります。

たとえば、運営資金不足や集客施策の選定間違い、人脈づくり不足などの失敗例があげられます。

不動産開業を失敗しないためには、市場や競合の調査及び分析や余裕を持たせた資金調達、多様なチャネルでの集客施策、他社と差別化したブランディングが重要です。

Facilo』は、顧客とのコミュニケーションの効率化や顧客が物件の比較検討がしやすい環境を作り、売り上げの成長に貢献できるサービスです。

大手仲介会社はもちろん、中小企業まで、幅広い規模の仲介会社様に導入されております。

不動産開業を失敗しないためのツールを提供する『Facilo』のサービスの特徴について、わかりやすく解説した資料を無料公開していますので、ぜひこの機会にご覧ください。

  お問い合わせ|Facilo(ファシロ)不動産仲介業務のためのコミュニケーションクラウド Faciloに関するお問い合わせや、料金プランのご相談などは当ページより承ります。不動産の仲介業務でお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。 株式会社Facilo
  資料ダウンロード一覧|Facilo(ファシロ)不動産仲介業務のためのコミュニケーションクラウド Faciloに関する資料を一覧でご確認いただけます。Facilo(ファシロ)は、不動産仲介の煩雑なコミュニケーションを一元化・可視化できるクラウドツールです。仲介業務の事務作業や物件検索、顧客とのコミュニケーションを、ブラウザ上で集約でき、 営業担当者様の業務効率化と顧客体験の向上で、貴社の売上の成長を実現します。 株式会社Facilo


CONTACT

Faciloを導入して貴社の仲介ビジネスを
次のステージに進めてみませんか?

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください

お役立ち資料は
こちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

平日10:00~17:00

無料相談

人気記事ランキング

タグ一覧

ページトップへ戻る